女性

便秘は早めに解消することが大切|妊婦の健康キープ術

妊娠中のお通じ改善には

女の人

プロゲステロンなどの影響

妊婦が便秘になりやすい原因のひとつは、お腹の中で赤ちゃんが成長してくるにつれ腸が押されてしまうということです。子宮は大腸や小腸のすぐ近くに位置しているため、子宮が大きくなってくると腸はどうしても脇にどかざるを得なくなります。そのため、妊婦の場合は妊娠前と比べて便を排出しづらくなるのです。また、妊婦の体内ではプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されます。このホルモンは月経のときに不要になった子宮内膜を剥がすという役割を持っていますが、筋肉を弛緩させるという性質も持っています。プロゲステロンのこうした性質によって腸のぜん動運動が弱まると便を送り出す力が低下するため、妊婦に便秘が多い一因となっています。

刺激の強い成分は避ける

一般的に便秘になると便秘薬を使って解消する人が多いと思われますが、妊婦に限って薬には特に注意する必要があります。薬の中には妊婦が服用すると、お腹の中の赤ちゃんに重大な影響を与えるおそれのあるものが多数あるのです。そのため、妊婦の便秘を解消するにはより効果のおだやかなサプリメントの使用がおすすめです。といってもサプリメントなら何でもよいというわけでなく、やはり中には妊婦は使用を控えた方がよいものもあるので慎重に選ぶことが大切です。センナなどは便秘薬のみならずサプリメントにも使われていますが、妊婦にとっては刺激が強すぎるものです。妊婦には乳酸菌やビフィズス菌を増やす効果のあるオリゴ糖などのサプリメントがよいでしょう。